本質を捉え、根拠ある治療を
Grounded dental treatment

Scroll down

本当に良い治療
それは知識・技術・経験を
兼ね備えたもの
Captured the essence

  • 本質を捉えた
    至高の治療
  • 知識
  • 経験
  • 技術
  • 設備
  • 材料

当院では、同じ時間に患者様を並行して診察することはありません。それは自費診療・保険診療を問わず、一人ひとりの患者様としっかり向き合うためです。流れ作業では、良い治療をご提供できないと考え、適切な時間を確保しています。

しかし、患者様のご協力や「治したい」という意思がなければ、患者様が描かれている理想をなかなか叶えることができません。当院では、患者様と歯科医師とが対等の立場に立ち、同じ目線を持つことが治療のスタートラインと考えています。良い治療のためにも、協力し合うことを大切にしているのです。

本気で治したいと願う患者様の気持ちに、本気で応えたい。

このようなこだわりをもって、知識・技術・経験を兼ね備えた「本当に良い治療」をご提供したいと考えています。「きちんと治したい」「しっかりとした歯科医療を受けたい」と思われる方に、本気の歯科治療をご提供する歯科医院を今後も目指してまいります。

診療コンセプトはこちら

歯を抜くと言われた方
当院の精密根管治療なら
歯を残せる可能性があります
Precision root canal treatment

歯を抜くと言われた方当院の精密根管治療なら歯を残せる可能性があります

当院では、24倍まで拡大して確認できるマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いた精密根管治療を行っています。根管の内部まできちんと目で見ながら施術することで、根管(こんかん)の内部から細菌をきちんと除去し、再発を予防して歯を残せるようにしていきます。

歯を抜くと言われた方当院の精密根管治療なら歯を残せる可能性があります

歯を抜くと言われた方当院の精密根管治療なら歯を残せる可能性があります

他院で「抜歯するしかない」と言われてしまった症例でも、当院の精密根管治療によって歯を残せるようになったケースが多数あります。諦める前に、一度当院までご相談ください。

精密根管治療はこちら

専門医が手掛ける自然な歯の機能
近づけるインプラント
Implants by specialists

専門医が手掛ける自然な歯の機能に近づけるインプラント

専門医が手掛ける自然な歯の機能に近づけるインプラント専門医が手掛ける自然な歯の機能に近づけるインプラント

歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、上部に人工歯を装着して歯の機能と見た目を回復させるインプラント治療。日本口腔インプラント学会専門医である院長が担当します。

歯科用CTによる診断、インプラントの正しい埋入を行うガイドの使用、顎の骨の造成や歯茎の再生などにより、機能性・審美性をふまえ「天然歯に近い形態で仕上げること」を大切に、治療に取り組んでいきます。

インプラント治療はこちら

お知らせNews

    詳しくはこちら

    他院で「抜歯」
    言われた方へ
    Second opinion

    セカンドオピニオンを
    承っております

    以前は、「もう根管治療はできないから、抜歯してインプラントにするしかない」と言われたという内容が多かったのですが、最近では、「根管治療を専門にしている医院に行ったほうがいい」と言われて当院のご紹介を受けたり、ご自分で探して辿り着く方が増えています。

    またインプラント治療の場合は、「説明を聞いたけど、漠然として納得・理解できないので、もっと詳しく知りたい」という理由で来院される方もいらっしゃいます。院長は日本口腔インプラント学会専門医ですので、専門性を求めてご相談いただいているようです。

    歯科治療で迷われている方、もっと詳しく知りたい方は、お気軽にご相談ください。

    セカンドオピニオンについてはこちら

    さいたま市の
    歯科医療機関としての
    取り組み
    Dental medical institution

    感染予防対策Infection prevention

    医療機関では常に院内感染のリスクがあり、それを防ぐ対策が必要です。当院では治療器具の滅菌処理、院内の衛生管理の徹底、空気清浄など、感染予防対策に力を入れています。

    詳しくはこちら

    医院紹介・アクセスClinic introduction

    当院は「武蔵浦和駅」から徒歩1分の通院しやすい歯医者です。歯科用CTやマイクロスコープといった先端設備を導入するなど、難易度の高い治療に対応できる環境を整えています。

    詳しくはこちら