根管治療

- root-canal -

根管治療とは?

歯の中心部から根っこにかけて、根管と呼ばれる管があります。ここには神経が通っており、血液も流れていますが、虫歯が悪化した場合にはその根管まで細菌によって侵されるため、特殊な道具を用いて管の中をきれいに治療する必要があります。具体的には、以下の処置を行うことになります。

抜髄

歯の中を通っている神経(歯髄)を取り除くことを言います。できるだけ神経を残した方が良い場合と、抜いてしまった方が良い場合があり、その診断が非常に重要です。

感染根管治療

歯の根っこの先に膿ができてしまうことがあります。それを治療することを、感染根管治療と言います。

再治療

根管治療は、少しでも中に細菌が残っていると、再び中で増殖してしまうため再治療が必要になります。

外科的歯内療法

歯肉を切開し、歯の根っこや周囲の骨などを直接治療します。骨まで炎症を起こしている時にはこの方法を適用します。

根管治療の難しさ

根管治療は、いわゆる通常の虫歯治療とは異なり、難易度が高く再発率も高くなっています。その理由としては、管の中の構造が複雑で、さらにすべての領域を目で見ながら処置することが困難であるからです。また、管の数も人によって違うため、いかに見逃すことなく最適な治療を丁寧に行えるかどうかで治療成果に差がついてしまうのです。

当院で根管治療を受けていただくメリット

マイクロスコープの使用

マイクロスコープを使うことで、歯の中の管の様子を24倍にまで拡大して見ることが可能です。さらに、肉眼では全く見えていなかったところまで見えるようになるため、治療成果に大きな違いが生まれます。

高い技術に裏付けられた治療

当院の院長は、日本顕微鏡歯科学会、アメリカマイクロスコープ学会、日本歯内療法学会などに参加しており、できるだけ精密な処置を行うためのトレーニングも積んできました。責任を持って、あなたの歯の中を治療させていただきます。

ラバーダム

歯の中を治療している最中に、唾液などが入ってしまうと、せっかくきれいにしたところに再び細菌が付着してしまうことになります。これを防ぐために、ラバーダムを装着して、治療する歯だけを露出させるようにします。

他院で治療を受けたが、治りが悪いという方へ

既に何度か根管治療を受けてはいるものの、毎回再発してしまい、いつまで経っても治らない。もしくは治療後に酷い腫れや痛みが出て苦しんでいる。
そんな方は、当院の精密根管治療を受けてみませんか。根管治療は設備と技術によって治療成果に大きな差ができてしまう治療で、歯の中に少しでも細菌が残っていれば、再び繁殖して痛みの原因となってしまいます。
また、場合によっては治療に使用する細い器具の先端が折れて、歯の中に落ちてそのまま蓋がされているということもあります。当院では、そういった患者様の歯の中を再び治療することで、痛みや腫れを治し、快適な生活を送っていただけるようにしています。

症例 根管

年齢などその方の情報がこちらに入ります年齢などその方の情報がこちらに入ります

主訴
主訴(どんなことに悩んでいるか)がこちらに入ります主訴(どんなことに悩んでいるか)がこちらに入ります主訴(どんなことに悩んでいるか)がこちらに入ります主訴(どんなことに悩んでいるか)がこちらに入ります
ドクターのコメント
それに対してのドクターのコメントがこちらに入りますそれに対してのドクターのコメントがこちらに入りますそれに対してのドクターのコメントがこちらに入りますそれに対してのドクターのコメントがこちらに入りますそれに対してのドクターのコメントがこちらに入りますそれに対してのドクターのコメントがこちらに入りますそれに対してのドクターのコメントがこちらに入ります
術前
術後
医療法人社団彩和会 デンタルオフィス武蔵浦和 あなたのなりたいをサポートする 審美歯科ガイド お問い合わせはこちら 医療法人社団彩和会 デンタルオフィス武蔵浦和 あなたのなりたいをサポートする 審美歯科ガイド お問い合わせはこちら
  • デンタルオフィス武蔵浦和 オフィシャルサイト
  • デンタルオフィス武蔵浦和 オフィシャルサイト
  • Blog
  • Blog