高度外科治療

- advanced-surgical -

歯根端切除術

虫歯が進行していくと、歯の根っこの先に膿の袋ができることがあります。そのままの状態にしておくと、痛みや腫れの原因となり、さらに他の治療の支障になることもあります。
そのため、歯の根っこの先端と一緒にこれを除去し、根管治療の成功率を高めます。なお、膿の袋が大きくなってしまうと抜歯が必要になるため、早めに治療しなければなりません。

ポイント

歯根端切除術は根管治療と並行して行うことになります。まずは1回目の根管治療できちんと歯の中をきれいにしておき、さらに外からの細菌が侵入してこないように丁寧に処置しておく必要があります。
また、歯根の先は目で直接見ながら処置をすることができませんので、マイクロスコープによって状態を確認し、さらに経験に裏付けられた技術で丁寧に治療を進めていくことになります。

意図的再植法

根管の内部が破損している場合、歯根端切除術を適用することができないため、通常は歯を抜くしかありません。しかし、当院ではできるだけ患者様の歯を残すために、一度抜歯をして、歯の根っこの先を治療し、再び元の位置に戻す(再植する)治療を行っています。
こちらは歯を残すための最後の手段であり、必ず上手くいく方法ではありませんが、自分の歯で噛むということはそれだけの価値があるため、当院では最後まで諦めずに治療することを大切にしています。

ポイント

意図的再植法は、非常に難しい治療の一つで、まずは歯を壊さないように抜く必要があるため、場合によっては抜歯の方法を工夫しなければなりません。そして、取り出した歯の破折をきれいにする際も、後で細菌が侵入してこないように、そして再び口の中で歯として使用できるように、丁寧に仕上げていくことになります。

症例 高度外科

年齢などその方の情報がこちらに入ります年齢などその方の情報がこちらに入ります

主訴
主訴(どんなことに悩んでいるか)がこちらに入ります主訴(どんなことに悩んでいるか)がこちらに入ります主訴(どんなことに悩んでいるか)がこちらに入ります主訴(どんなことに悩んでいるか)がこちらに入ります
ドクターのコメント
それに対してのドクターのコメントがこちらに入りますそれに対してのドクターのコメントがこちらに入りますそれに対してのドクターのコメントがこちらに入りますそれに対してのドクターのコメントがこちらに入りますそれに対してのドクターのコメントがこちらに入りますそれに対してのドクターのコメントがこちらに入りますそれに対してのドクターのコメントがこちらに入ります
術前
術後
医療法人社団彩和会 デンタルオフィス武蔵浦和 あなたのなりたいをサポートする 審美歯科ガイド お問い合わせはこちら 医療法人社団彩和会 デンタルオフィス武蔵浦和 あなたのなりたいをサポートする 審美歯科ガイド お問い合わせはこちら
  • デンタルオフィス武蔵浦和 オフィシャルサイト
  • デンタルオフィス武蔵浦和 オフィシャルサイト
  • Blog
  • Blog